ちょっとした映画コラム

映画について起承転までゆる~く語ります(ネタバレあり)

ランボー 最後の戦場

スポンサーリンク

http://eiga.k-img.com/images/movie/53120/photo/2c6165c580b2d064.jpg?1495094358

 

 

これぞ戦争エンターテインメント

 

70点/100点

 

あらすじ

シルベスター・スタローン主演によるメガヒットシリーズの20年ぶりとなる第4弾。同シリーズで初めてスタローン自らメガホンを取り、ミャンマーの社会情勢を盛り込みつつランボーの壮絶な戦いを描き出す。タイとミャンマーの国境付近でミャンマー軍事政権によるカレン族の迫害が激化。タイ辺境のジャングル地帯で暮らすランボーは状況を知りつつも静観の構えを見せていたが、ある事件をきっかけに再び戦いの中に身を投じていく。

 

予告映像

 

 

感想

 

 

 ランボーシリーズ第4作。

 この映画がなぜ前作から20年もかかったかというと、単に企画が通らなかっただけらしい。

 追いつめられたスタローンは、ランボーVS宇宙人まで考えていたと言うが、本当かどうか。

 今回はミャンマー政府とカレン族の紛争を描いている。

 

【起】

 軍がカレン族を惨殺するシーンから始まる。キリスト系ボランティアグループが、カレン族に会うために、ランボーに道案内を依頼。最初は断るランボーだったが、紅一点の女性に説得されてしぶしぶ案内を承諾。

【承】

 カレン族の村を軍が強襲。村人、惨殺される。ボランティアグループ、拉致される。ランボー、傭兵部隊とともに救出作戦に加わる。

【転】

 村は死体が吊され、さんざんな状態に。傭兵部隊、100人もの敵にビビる。ランボー、決めぜりふを言い、ミャンマー軍の基地からボランティアグループを救出するが…。

 

 ランボー3では、108人敵を殺したということで、ギネスに載ったようだが、今回はそれ以上の出来。

 敵味方ともにカレン族の人たちのようで、役者はジャングルでヒーヒー泣いていたらしい。

 残虐シーンが多いので、苦手な人は観ないほうがいいだろう。ラストはスカッとする終わり方であった。

 

 

参照リンク

eiga.com